敏感肌に春のスキンケアのヒント

2022年3月月18日

敏感肌に春のスキンケアのヒント

季節の変わり目は、敏感肌にとって敵でしょうか?味方でしょうか?湿度や気温、日差し、風などの環境変化は、体で最大の器官である皮膚にも大きな影響を与えます。敏感肌や酒さ(赤ら顔)のある方、湿疹、乾癬などの疾患をお持ちの方にとって、季節の変わり目に起こる肌トラブルを予防するのは、なかなかのチャレンジです。

 

 

春は湿度が上昇し始めます。肌の水分量も増えるので、乾燥肌の人にはうれしい季節です。一方で、湿度が高くなると皮脂分泌も増えるため、肌表面の油分が多くなり、汗もかくようになります。正しくケアされないと、毛穴が詰まったり、肌の表面に汚れや大気汚染物質、そして細菌が付着しやすくなったりします。

幸いなことに、自然で簡単な(しかも手頃な)解決法があります。以下に紹介する方法で、毛穴の開きや吹き出物、肌荒れを未然に防ぎましょう。

 

1. 角質ケアが鍵


春の角質ケアがスキンケアの鍵です。冬の間、寒さと空気の乾燥から守るために角質が蓄積されています。これが毛穴を詰まらせたり、油分や汚れを閉じ込めたりするので、これらの古い角質を取り除くことはとても大切です。ただし、角質ケア製品は注意深く選びましょう。

ただでさえ敏感な肌にこれ以上刺激を与えないために、自然の治癒成分を含む製品がおすすめです。化学物質が添加されていない天然のスクラブを探してみてください。海塩、砂糖、コーヒーなどは理想的なスクラブ剤です。スクラブ製品に使われている天然オイルは、同時に肌を癒やしてくれます。(抗炎症効果の高いバージンシーバックソーンオイルとシーケルプを配合したソルト&シーボディスクラブグレープフルーツ&ラベンダーフェイススクラブなどをチェックしてみてください)。

 

 

2. 高保湿クリームから軽めのものへチェンジ

春は肌の水分量が増えるため、保湿剤との相性を見極めることが大切です。毛穴が開きがちな方、敏感肌や肌荒れに悩んでいる方は、濃厚で重めな保湿剤を使うと、かえって毛穴を詰まらせたり、肌の呼吸を妨げたりして、症状を悪化させることがあります。

化学防腐剤(パラベン、スレート)を含まない、軽めの保湿クリーム、ローション、美容液を探してみてください。 (シーケルプボディローションをチェックしてみてください)

 

 

3. ビタミンC+自然派を選ぶ

ビタミンCは、健康な肌にとってアンチエイジングの味方です。コラーゲンの生成を助け(ストレスや加齢は肌からコラーゲンを奪ってしまいます)、強力な抗酸化物質として作用します。抗酸化物質は、肌のシワはもちろん酒さによる赤みなど、あらゆるものを軽減するとされています。シーバックソーンオイルは、世界で最もパワフルなビタミンCの天然供給源の1つです(シーバックソーン&シアバターソープシーバックソーン&シアバターローションをチェックしてみてください)。



毎日使うスキンケア製品を自然由来のものに切り替えると、肌の見た目や感触に変化がでてきます。皮膚は毛穴から接触したものを吸収してしまいます。安価で手頃な製品の多くには、肌にとってほとんど有益でない化学物質(防腐剤、発泡剤、合成香料など)が含まれています。これらの化学物質は、肌にとって有害なだけでなく、排水溝に流れ込むことで地球環境にも悪影響があります。

 

 

4. 水分補給+食事で健康的な肌へ


スキンケアに関わる問題の多くは、水分補給が足りていないことに原因があります。湿度や気温が上がると、体の水分消費量も上がります。毎日少なくとも2~2.5リットルの水を摂取することが大切です。体調を整え、見た目も美しく保つために、最も簡単な(そしてお金がかからない)方法です。

また、食事の内容も大切です。「私たちは食べたものでできている」という言葉を聞いたことはありませんか?食事は私たちの燃料です。当然のことながら体は食事から栄養を得て成長しています。普段の食生活について、肌は多くのことを教えてくれます。野菜や果物、食物繊維、そしてクリーンなたんぱく質をしっかり摂ることで、素晴らしい肌を作る基礎となる栄養素が得られます。加工食品や精製された砂糖、過剰な乳製品、過度な飽和脂肪酸を避けると、健康や見た目にも良い影響があらわれます。

 

 

5. 太陽から肌を守る


日照時間の短い冬の間、長くインドアで過ごしているとビタミンDも生成されませんよね。そして待ち望んだ春が来ると思わず日光浴をしたくなります。そのため、春は多くのアウトドア愛好家が強い日差しによる重度の日焼け(やけど)を経験する季節でもあるのです。紫外線による肌トラブルを防ぐには、SPF値の高い日焼けどめを使用する、屋外では帽子をかぶる、肌トラブルのある部位を露出させない、などの対策がとても効果的です。

ココナッツオイルのような天然成分でさえ、紫外線をカットするSPF値は5程度あります。日常使用ならこれでもいいですが、日差しが強いときにはSPF値を上げて、紫外線によるダメージ(そして老化の進行)を防ぎましょう。

 

 

 

6. バームを持ち歩く/天然の消毒薬


切り傷や擦り傷、かぶれ、やけど、かさぶた...春のアウトドアにはイベントが満載です!冗談はさておき、アウトドアを楽しむ人は、その美しい環境と外的要素が、同時に肌にも影響を与えることを知っています。

もし、敏感肌であったり、何らかの肌トラブルがある場合、治癒成分を含む天然のバーム(レスキューバームなど)があれば、より安全に過ごすことができます。今度冒険に出かけるときは、ぜひ荷物に忍ばせてみてください。ヒーリング効果のあるナチュラルバームは、保湿剤として、切り傷や擦り傷に対する天然の消毒薬として、また虫刺されやアレルギーによるかゆみ・炎症を抑えかゆみ止めとしてお使いいただけます。

 

春は他の季節とは違ったスキンケアが必要です。トレイルでも、ビーチでも、プールサイドでも……バッターボックスに立って身構え、ナチュラルスキンケアで肌を守りましょう。

 

元の記事:https://www.novascotiafisherman.com/blogs/nova-scotia-fisherman-extreme-skin-care/spring-skin-checklist


コメントを書く

コメントは管理者の承認後に表示されます。